創屋ぷれす

MAVLink

おはようございます。

YS.Mです。

今日は「MAVLink」について調べました。

Micro Air Vehicle Communication Protocol

直訳すると。

ちいさい、航空機、コミュニケーション、プロトコル

ということで、ラジコン飛行機やドローンなどの空飛ぶラジコンと通信するためのプロトコル。ということになります。

例えば、操縦者からドローンに右行け、左行け、上がれ、下がれ、などの操作命令を出すわけではなく

ドローンからの位置、速度などの情報を自動的に受信するためのプロトコルです。
GPS機能と独自のアルゴリズムが組み合わさっています。

開発したのはスイス連邦工科大学チューリッヒ校です。

ドローンも羽がついているスマートフォンなんて言われているので、IoT機器として通信できるわけです。
約80%が共通部品らしいですよ。ドローンとスマホ。

MAVLinkの特徴としては、

非常に軽量なヘッダーのみの構造であること、
そして、一度に複数の飛行体(255機まで)と通信が可能であることなどが
あげられます。

これらの技術を使うことにより
ドローンで
何かを自動追尾する。なんてこともできたりするわけです。

あと、被写体を指定して
いろんな角度から写真や動画を自動撮影

ドローンでの宅配サービスっていうのもテレビで見たこともありますが
MAVLinkが使われているのでしょう。きっと。

Comments are closed.