創屋ぷれす

MQTT

2日連続で、YS.Mが担当します。

本日のお題は、「MQTT」です。
にもちらっと登場しましたが。

プロトコルの一種です。

1999年にIBM社とEurotech社のメンバーにより考案されたプロトコルで
最新のバージョンはMQTT3.1.1です。

MQTTは以前も登場したや、Iot機器などでの通信に適しています。

Iotデバイス向けというのも、
MQTTの特徴として、データが軽量という特徴があります。
プロトコルヘッダの最小値は2バイトと小さく、バッテリーの消費を抑えたいモバイル向けの通信に適しています。

また、双方向通信、1対多数の通信が可能です。

MQTTのモデルはパブリッシュ/サブスクライブ型のモデルを使用しています。
TCP/IPプロトコルの上で動作します。

パブリッシャー=送信する側
サブスクライバー=受信する側

パブリッシャー→MQTTサーバー→サブスクライバー
という構図で、
MQTTのサーバーを間に挟むことになります。

MQTTサーバーは、送信されたメッセージをいったん預かり管理して
サブスクライバーに配信するという役目を持っているので

パブリッシャーはサブスクライバーを意識せずに
メッセージを送信することが可能です。

サブスクライバーも自信が必要としている情報のみを
受け取ることができます。

以上です。

Comments are closed.